神経ブロックは術後 3 年間の死亡率を低下させる:後ろ向きコホート研究

・人工股関節置換術を受けた患者において、神経ブロックが術後死亡率の発生率に及ぼす影響を明らかにするため、後ろ向きコホート研究を行った。 ・除外基準に従って、全身麻酔または脊椎麻酔で初めて人工股関節置換術を受けた患者で、ASA クラス I〜IV に分類され、年齢 65 歳以上の患者を抽出した。一般データ、過去の病歴、術前の検査結果、…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2024/02/21

【問題1】(内分泌疾患患者への注意) カルシウム代謝について正しい記述はどれか。 ア:上皮小体ホルモン(PTH)は腎臓におけるカルシウム再吸収を促進する。 イ:ビタミンDは腎臓で活性型の1,25-dihudroxycholecalciferol の合成を抑制する。 ウ:PTHは消化管からのカルシウムの吸収を促進する。 エ…
コメント:0

続きを読むread more

伏臥位脊椎手術後の周術期視力喪失:症例対照研究

・伏臥位脊椎手術後の周術期視力喪失(POVL)はまれで壊滅的な合併症である。この合併症はまれであるため、POVL のリスクを高める患者および手術の危険因子に関する研究は限られている。本研究の目的は、米国外科学会手術の質改善プログラム(NSQIP)データベースを用いて、POVLの 関連危険因子を調査することである。本研究では症例対照二次デ…
コメント:0

続きを読むread more

気管チューブを短かくして鼻咽頭エアウェイとして使用する:麻酔科研修医のファイバー挿管トレーニングにおける有用な補助…

・ファイバー挿管(FOI)は、生命を脅かす気道患者の挿管に使用される有益な方法と考えられている。本研究の目的は、FOI 時の鼻咽頭エアウェイとして、短かくしたカフなし気管チューブの有効性を評価することである。 ・2019 年 1 月から 2021 年 3 月にかけて、本前向き無作為化対照試験は、ASA I-III に分類される待機…
コメント:0

続きを読むread more

インド人集団における麻酔回復室での全身麻酔からの回復を評価するための 3 つの採点基準の比較

・術後患者を麻酔回復室から退室させるために、さまざまな退室基準が利用可能である。本研究は、麻酔回復室(PACU)で全身麻酔後に回復したインド人患者を対象に、従来の時間ベースの基準、ファストトラック基準、修正 Aldrete スコアの 3 つのスコアリングシステムを比較するために行われた。 ・本研究では、全身麻酔を予定していた 37…
コメント:0

続きを読むread more

小児における術前の清拭絶食時間:1 時間清澄液絶飲実施後の実際の時間と合併症の後ろ向き分析

・小児の待機的手術前の絶食については、現在も議論が続いている。本研究の目的は、最近実施された術前絶食プロトコール(麻酔導入から 1 時間間までは清澄液)の遵守状況を評価すること、術前絶飲食時間延長の予測因子を同定すること、および術前絶飲食時間が有害転帰と関連しているかどうかを明らかにすることである。 ・3 次小児病院の手術室におけ…
コメント:0

続きを読むread more

チャンネル付きビデオ喉頭鏡とチャンネルなしビデオ喉頭鏡を用いた仰臥位(スニッフィング)および 25°上体挙上位での…

・25°上体挙上位は、直視型喉頭鏡使用時の前酸素化の効果を高め、気管挿管条件を改善するために提案されている。本研究では、2 種類のビデオ喉頭鏡(VLS)を使用した際の仰臥位と 25°上体挙上位での気管挿管のしやすさを比較することを目的とした。 ・気道が正常で、全身麻酔を必要とする ASA-PS クラス I/II に属する成人 10…
コメント:0

続きを読むread more

筋弛緩前後のフェイスマスク換気の効率:無作為化二重盲検比較試験

・フェイスマスク換気を確認した後に筋弛緩薬(NMBD)を投与するという伝統的なやり方が繰り返し問われている。本研究では、気道が正常な患者を対象に、NMBD 投与前後のフェイスマスク換気の効率を比較した。副次評価項目として、マスク換気と気管挿管条件のグレードを測定した。 ・倫理的承認後、全身麻酔下での待機手術が予定されている年齢 1…
コメント:0

続きを読むread more

手術室における迅速挿管における McGrath ビデオ喉頭鏡と直視型喉頭鏡の比較:多施設無作為化比較試験

・胃内容物の誤嚥は、麻酔の全段階において認められる合併症である。この合併症のリスクは、気管挿管を繰り返すほど高くなる。手術室での直視型喉頭鏡下迅速挿管に対するビデオ喉頭鏡下挿管の有効性に関する臨床データは不足している。著者らは、迅速挿管時にビデオ喉頭鏡を使用すると、従来の直視型喉頭鏡よりも初回通過の気管挿管成功率が高くなるという仮説を立…
コメント:0

続きを読むread more

肥満腹腔鏡手術患者の心肺機能に対する逆比換気の効果:系統的レビューとメタ分析

・本研究は、全身麻酔下の肥満患者において、逆比換気(IRV)戦略が心肺機能に及ぼす影響を評価することを目的とした。 ・China National Knowledge Infrastructure(CNKI)、Wangfang、WeiP、Web of Science、Cochrane Library、PubMedなどのデータベース…
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管による術後の咽頭痛に対する塩酸ベンジダミン外用とカフ圧モニタリングの効果

・術後咽頭痛(POST)は気管挿管後の最もよく見られる不快症状である。不適切な気管チューブ(ETT)カフ圧による気管粘膜の損傷が主な要因であることが示されている。ETT カフ圧を一定の値でモニターすることにより、この損傷が軽減される。塩酸ベンジダミン(BH)は咽頭痛に有効であることが証明されており、POST にも有効であることが研究で示…
コメント:0

続きを読むread more

小児における超音波検査と標準的聴診法を用いた気管チューブ留置の確認に関する比較研究

・小児患者では気管が短いため、気管チューブ(ETT)の位置が最適でないことが 20%〜50% 患者にみられ、重大な合併症を引き起こしている。著者らは、小児の ETT の位置を確認するために、標準的な聴診法と超音波ガイド下肺スライディング法を比較した。 ・全身麻酔下で気管挿管を伴う手術が予定されていた年齢 2〜8 歳、ASA-PS …
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔を受けた成人患者の術後認知機能障害に対する遠隔虚血プレコンディショニングの効果:メタ分析

・遠隔虚血プレコンディショニング(RIPC)には神経保護作用があることが証明されている。それにもかかわらず、全身麻酔を受けた患者の術後認知機能障害(POCD)に対する RIPC の影響については議論がある。本無作為化比較試験(RCT)のメタ分析は、全身麻酔後の成人における POCD に対する RIPC の効果を評価することを目的とした。…
コメント:0

続きを読むread more

肋骨骨折の疼痛管理におけるオピオイド静注と胸部硬膜外麻酔の比較分析:系統的レビューとメタ分析

・肋骨骨折は外傷患者に多く、重大な罹患率と死亡率をもたらす。関連する疼痛の管理は困難であり、オピオイドの静脈内投与や胸部硬膜外鎮痛(TEA)が利用されている。肋骨骨折の疼痛に対しては硬膜外鎮痛が好まれることが多いが、既存のデータは腰椎と胸椎の両方のアプローチを網羅している。本総説では、持続的な肋骨骨折痛に対する TEA とオピオイド静注…
コメント:0

続きを読むread more