腹腔鏡下胆嚢摘出術で全身麻酔を受ける患者におけるリクルートメント操作が静的肺コンプライアンスに及ぼす影響:単施設に…

・本研究の目的は、腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける患者において、肺胞リクルートメント操作(RM)の使用が静的肺コンプライアンス(Cstat)の有意な増加およびガス交換の改善につながるかどうかを検討することである。 ・臨床的前向き介入研究を実施した。患者は肥満指数(BMI)に応じて 2 群に分けられた:標準体重(I 群)、肥満前および肥満…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2024/04/30

【問題1】(麻酔薬) 吸入麻酔薬について正しいのはどれか? ア:慢性アルコール中毒ではMACは低下する。 イ:甲状腺機能はMACに影響しない。 ウ:低ナトリウム血症ではMACは低下する。 エ:吸入麻酔薬による呼吸抑制では用量依存性に1回換気量が減少する。 オ:ハロタンは、ハロゲン元素として臭素原子を含んでいる。 …
コメント:0

続きを読むread more

小児におけるプロポフォールとセボフルランによる維持麻酔後の術後疼痛の比較:系統的レビューとメタ分析

・プロポフォールとセボフルランは小児の手術に最もよく使用される麻酔薬の 2 つである。いくつかの臨床試験のデータから、プロポフォールを麻酔維持に使用した場合、セボフルランと比較して術後疼痛発生率が低いことが示唆されているが、これは明らかではない。 ・このメタ分析では、小児手術におけるプロポフォールまたはセボフルランによる麻酔維持後…
コメント:0

続きを読むread more

ASA スコア予測における ChatGPT-4 の精度評価:多施設共同前向き研究 ASA スコア予測における Ch…

・本研究は、OpenAI によって開発された ChatGPT-4 が、特に ASA スコアシステムを用いた術前評価において、医療上の意思決定プロセスを強化する可能性を調査するものである。ASA スコアは、術前の患者の健康状態と麻酔リスクを評価する重要なツールであり、総合的な健康状態とリスク要因に基づいて患者を I 〜 VI に分類する。…
コメント:0

続きを読むread more

迅速挿管におけるマグネシウム前処置とロクロニウムの 2 種類の投与量の比較:無作為化比較試験

・マグネシウムはロクロニウムの作用時間を延長すると同時に、その効果発現時間を短縮する能力が認められている。本研究の目的は、迅速導入挿管を受ける患者において、2 つの異なる用量のロクロニウムによる効果発現時間の短縮におけるマグネシウム前処置の有効性を評価することである。 ・本無作為化前向き二重盲検臨床試験は、全身麻酔下で待機的手術を…
コメント:0

続きを読むread more

肥満女性患者における脊椎麻酔後の腰痛:正中アプローチと傍正中アプローチの比較

・脊椎麻酔の副作用として硬膜穿刺後腰痛(PDPB)があり、これは脊髄穿刺部位の継続的な不快感によって特徴づけられるが、神経根痛はない。本研究の目的は、肥満の女性患者を対象に、脊椎麻酔後の硬膜穿刺後背部痛の発生率と重症度を、正中法と傍正中法で比較することである。 ・脊椎麻酔による待機的手術を予定している BMI 30〜40kg/m2…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2024/04/26

【問題1】(呼吸) 気道管理について正しいのはどれか? ア:上喉頭神経外枝は、声帯の緊張を高める後輪状披裂筋の運動をつかさどる。 イ:「PaCO2>55mmHg(慢性呼吸不全患者を除く)」は、気管挿管の客観的基準のひとつである。 ウ:オリジナルのMallanpati分類は5分類であった。 エ:上喉頭神経は迷走神経の分枝で…
コメント:0

続きを読むread more

レミマゾラムによる全身麻酔とセボフルランによる全身麻酔後の悪心嘔吐の発生率:前向き無作為比較試験

・術後悪心嘔吐(PONV)とは、手術後 24 時間以内または麻酔回復室(PACU)で起こる悪心嘔吐のことである。これまでの研究で、麻酔に新しいベンゾジアゼピン系(BDZ)催眠薬であるレミマゾラムを使用すると PONV が少ないことが報告されている。本研究では、全身麻酔後の PONV 発生率をセボフルランとレミマゾラムの間で比較した。 …
コメント:0

続きを読むread more

レミフェンタニル鎮痛と硬膜外鎮痛剤後の分娩における新生児転帰:後ろ向き観察研究

・分娩中の母体の鎮痛法が、特定の薬物への曝露や分娩経過に対する鎮痛の潜在的な影響により、新生児に悪影響を及ぼす可能性があることを示すエビデンスもある。著者らは、分娩中に硬膜外鎮痛(E)またはレミフェンタニル(R)による全身鎮痛を受けた母体から生まれた満期産新生児の臨床転帰を評価した。 ・1 年間にわたり後ろ向きにデータを収集した。…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2024/04/24

【問題1】(局所麻酔薬) 局所麻酔薬中毒について正しい記述はどれか。 ア:ブピバカインによる心停止は、蘇生が困難なことがある。 イ:椎骨動脈に0.5mlの局所麻酔薬を注入すると、直ちに痙攣、意識消失が起こる。 ウ:中枢神経系中毒は、高二酸化炭素症があると増強される。 エ:通常は、中枢神経系の徴候が心血管系の徴候より先に出…
コメント:0

続きを読むread more

小児における残存筋弛緩の発生率:前向き、実用的、多施設コホート研究

・残存筋弛緩は、定量的に測定された TOF 比<0.9 と定義され、術後によくみられる。実用的な試験デザインを用いて、筋弛緩の定性的および/または臨床的評価では、ネオスチグミンまたはスガマデクスによる拮抗薬投与後の残存筋弛緩を十分に検出できないという仮説を立てた。 ・施設倫理委員会の承認と書面による説明と同意の後、コロラド小児病院…
コメント:0

続きを読むread more

小児におけるスフェンタニル誘発咳嗽の抑制におけるリドカイン静注の 50 %有効量:無作為化比較試験

・スフェンタニルのようなオピオイドは、その迅速な作用と優れた鎮痛効果により麻酔薬として使用されている。しかし、スフェンタニルは小児患者に大きな咳嗽を誘発する。一方、リドカインの静脈内投与は小児のオピオイド誘発性咳嗽を抑制するが、その毒性に対する麻酔科医の懸念からその使用は制限されている。そこで本研究では、小児患者におけるスフェンタニル誘…
コメント:0

続きを読むread more

米国における帝王切開分娩時の脊椎麻酔および硬膜外麻酔関連低血圧の管理

・本研究では、帝王切開(c-section)出産時の脊椎麻酔誘発性低血圧の有病率について、既存の治療法とその有効性に焦点を当てて掘り下げている。現在、帝王切開時の疼痛緩和には脊髄幹鎮痛が最も効率的な方法であるが、その主な副作用である低血圧のため、利用可能な治療法の選択肢を十分に理解する必要がある。 ・PubMed と Rayyan…
コメント:0

続きを読むread more

動脈瘤性くも膜下出血患者の術後神経認知機能に対するプロポフォールとデスフルランの比較:前向き無作為化試験

・動脈瘤性くも膜下出血後、生存者の 40?50% が認知機能障害をきたし、QOL に影響を及ぼす。麻酔薬は動脈瘤手術において極めて重要な役割を果たしている。しかし、麻酔薬が神経認知機能に及ぼす影響に関する実質的なエビデンスは不足している。本研究では、プロポフォールとデスフルランが術後の神経認知機能と血清 S-100B 値に及ぼす影響を評…
コメント:0

続きを読むread more

整形外科医が管理する脊椎麻酔下での高齢者の股関節骨折修復手術における術中低血圧の背景因子:後ろ向き症例対照研究

・大腿骨転子部骨折手術には脊椎麻酔が用いられるが、低血圧を誘発することが多く、その原因因子は不明である。著者らは、大腿骨転子部骨折の手術で脊椎麻酔を受けた高齢患者において、術中に昇圧剤薬を使用した背景因子を検討した。 ・2020 年 4 月から 2023 年 7 月までの間に当院で整形外科的に管理された脊椎麻酔下でショートネイル固…
コメント:0

続きを読むread more

抜管時間に対する 10mg/kg 塩化カルシウムとネオスチグミン併用投与の効果:無作為化比較試験

・ネオスチグミンによる筋弛緩の回復に対するカルシウムの効果を検討したいくつかの研究において、この併用は神経筋の回復を促進するが、術後の残存筋弛緩の発生率や抜管までの時間に有意な影響を与えないことが示されている。本研究では、ネオスチグミンと併用した 10mg/kg 塩化カルシウムの早期回復および抜管までの時間に対する効果を評価することを目…
コメント:0

続きを読むread more