男性外科医が治療した患者と女性外科医が治療した患者の術後成績の比較:系統的レビューとメタ分析

・女性外科医と男性外科医の間で手術成績および転帰が異なるかどうかについては依然として不明である。研究の目的は、女性外科医が治療した患者と男性外科医が治療した患者の臨床転帰を比較することでる。 ・患者の術後死亡率、再入院率、合併症発生率などの臨床転帰を女性外科医と男性外科医の間で比較するためにメタ分析を実施した。MEDLINE、Em…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2024/05/15

【問題1】(筋弛緩) 骨格筋アセチルコリン受容体について正しいのはどれか。 ア:4種のサブユニット蛋白より構成される。 イ:アセチルコリンはαサブユニットに結合する。 ウ:非脱分極性筋弛緩薬はβサブユニットに結合する。 エ:熱傷後発現する受容体は非脱分極性筋弛緩薬への親和性が高い。     ▼     ▼ …
コメント:0

続きを読むread more

LEMON 基準による気道検査と IDS 基準による気管挿管の難易度の関係

・気管挿管は患者の気道確保に用いられる一般的手技であり、麻酔において極めて重要である。気管挿管の成功は、手技前の患者の気道評価を含む様々な要因に左右される。近年、LEMON(気道の外観評価、歯科的問題の有無、Mallampati 分類の評価、気道閉塞の評価、頸部の可動性の検討の頭文字をとったもの)や挿管困難度スケール(IDS)などのスコ…
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下胆嚢摘出術における硫酸マグネシウムの静脈内注射が術中の呼気終末 CO2 濃度と術後痛に及ぼす影響

・疼痛コントロールと血行動態指標の安定化は、特に麻酔における重大な医学的課題である。腹腔鏡手術は世界的に増加しており、胆嚢摘出術も例外ではない。本研究では、腹腔鏡下胆嚢摘出術において、硫酸マグネシウムの静脈内投与が術中の呼気終末 CO2(ETCO2)濃度と術後痛に及ぼす影響を検討した。 ・これは臨床試験である。サンプルサイズは 6…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2024/05/13

■ これって常識? ■慢性腎不全に対する透析導入を,血中尿素窒素,Crだけで決めるな! 1)保存的治療では改善できない慢性腎機能障害や臨床症状,日常生活能の障害を呈した場合には透析導入の適応がある.単に血中尿素窒素(BUN)やクレアチニン(Cr)などの数値を基準に透析導入の可否を決定してはならない. 2)糖尿病患者では筋萎縮に…
コメント:0

続きを読むread more

心臓手術に対するクモ膜下モルヒネ投与:無作為化比較試験の系統的レビューとメタ分析

・心臓手術では術後疼痛が大きくなることが多く、疼痛管理のためにオピオイドが大量に使用される。しかし、オピオイドの過剰使用は、望ましくない副作用や慢性的なオピオイド使用につながる可能性がある。この系統的レビューとメタ分析の目的は、胸骨切開を必要とする心臓手術を受けた患者において、術前のモルヒネクモ膜下投与が術後のオピオイド消費を減少させう…
コメント:0

続きを読むread more

胆嚢疾患患者における開腹手術と比較した腹腔鏡下胆嚢摘出術の成績に関する系統的レビューとメタ分析

・腹腔鏡下胆嚢摘出術と開腹下胆嚢摘出術の成績に関する科学文献上の矛盾したエビデンスは、胆嚢疾患患者の医学的意思決定に影響を与える。本研究では、腹腔鏡下胆嚢摘出術を受けた患者と開腹手術を受けた患者の主要および副耳転帰を比較することを目的とした。 ・PubMed Central/Medline、Web of Science、CINAH…
コメント:0

続きを読むread more

肥満の待機的帝王切開患者における子宮緊張維持のためのオキシトシン注入の用量反応:無作為化比較試験

・帝王切開分娩(CD)において、初回ボーラス投与するオキシトシンの 90% 有効量(ED90)は確立されている。子宮緊張(UT)を適切に保つために、待機的帝王切開を受ける肥満女性にどのくらいの量のオキシトシンを注入すればよいかはまだわかっていない。そこで、待機的 CD を受ける肥満女性において、初回1国際単位(IU)ボーラス後のオキシト…
コメント:0

続きを読むread more

直接作用型抗凝固薬(DOAC)の使用は股関節骨折患者の手術を遅らせ、死亡率の上昇と関連する

・直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)による治療は股関節骨折患者の間で増加しており、それに伴い脊椎麻酔(SA)に関する安全性の懸念がある。本研究の目的は、DOAC の使用が術前の待機時間の増加、死亡率の増加、その他の有害事象と関連しているかどうかを調査することである。 ・2015 年から 2021 年にかけて単一の病院で手術治療され…
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔と全身麻酔による人工股関節全置換術および人工膝関節全置換術後の罹患率と死亡率:後ろ向き分析

・人工関節全置換術における麻酔をめぐる長年の議論にもかかわらず、最適な麻酔法はまだ明確に特定されていない。人工関節全置換術を受ける患者には、脊椎麻酔(SA)または全身麻酔(GA)が行われる。関節形成術の文献では、術後の罹患率に差があることが報告されているが、股関節骨折の文献では、SA と GA の優劣は証明されていない。本研究の目的は、…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2024/05/08

【問題1】(麻酔中の問題) 低酸素血症が疑われる場合に行うべき処置はどれか。 ア:麻酔器からのガス流量のチェック イ:呼吸音聴取 ウ:パルスオキシメータによる酸素飽和度の確認 エ:バッグによる換気     ▼     ▼     ▼ [解説] パルスオキシメータが確実にシグナルを拾い、正常の値を示…
コメント:0

続きを読むread more

機械的人工呼吸を必要とする敗血症の予後に対する高用量ビタミン D と低用量ビタミン D の成績:無作為比較試験

・敗血症の重症患者はビタミン D 欠乏症の発生率が高い。ビタミン D は自然免疫系の一部である LL-37 の前駆体であるヒトカテリシジン抗菌ペプチドの合成を促進する。本研究では、機械的人工呼吸(MV)を必要とする敗血症患者において、低用量ビタミン D3 と比較して、高用量ビタミン D3 の早期経腸投与の有効性と安全性を検討した。 …
コメント:0

続きを読むread more

硬膜外麻酔の有無による腹腔鏡下結腸切除術の周術期成績を比較する前向き観察研究:神奈川横浜大腸癌研究会(KYCC)1…

・腹腔鏡下結腸切除術(LAC)後の鎮痛の有効性、安全性、効率について、硬膜外麻酔(EDA)の有無による十分な比較検討はなされていない。 ・これは LAC を受けた患者を対象とした多施設共同前向き観察研究である。主要エンドポイントは、術後 1〜7 日目の平均視覚アナログ尺度(VAS)スコアとした。副次的エンドポイントは、VAS 最高…
コメント:0

続きを読むread more

低侵襲ヘルニア手術における術後尿閉予防へのスガマデクスの使用

・術後尿閉(POUR)はヘルニア手術の合併症として知られている。低侵襲鼡径ヘルニア修復術(IHR)は一般的に全身麻酔下で行われ、筋弛緩(NMB)が行われるが、一般的には抗コリン作用薬とペアになった抗コリンエステラーゼ阻害薬で回復される。スガマデクスは、抗コリン薬と併用する必要のないユニークな NMB 回復薬である。著者らは、これらの手技…
コメント:0

続きを読むread more

レミフェンタニル経鼻投与とリドカイン経鼻投与がラリンジアルマスク挿入促進および心血管系反応に及ぼす影響:二重盲検臨…

・本研究は、リドカインおよびレミフェンタニルの経鼻投与が LMA 挿入の状態および心血管系反応に及ぼす影響を評価し、比較することを目的とした。 ・2019 年 3 月から 2020 年 3 月にかけて、イランのイスファハーンにあるファイズ病院で LMA 挿入による全身麻酔を受けた患者 60 人を対象に、この二重盲検無作為化臨床試験…
コメント:0

続きを読むread more

病的肥満患者におけるプロポフォールの麻酔導入用量に関する除脂肪と理想体重の比較: 二重盲検無作為臨床試験

・肥満は世界的に増加しつつある問題であり、麻酔薬を含む様々な薬物の薬力学および薬物動態の両方に影響を及ぼし、特定の薬物の投与量過少または過剰投与につながる可能性がある。肥満患者に対する理想的な投与レジメンについてのコンセンサスは得られていない。本研究では、麻酔導入に使用されるプロポフォールの 2 つの体重に基づく投与量を、作用発現時間、…
コメント:0

続きを読むread more